阿寒丹頂の里 ~人工給餌発祥の地~

 

 

  ある雪の朝、上阿寒地区在住の(故)山崎定次郎氏が自分の畑で、大きくて白い数羽の鳥が、トウモロコシの茎を積み重ねた「ニオ」を突付いているのを見つけ ました。あまりの美しさにしばらく呆然と見とれていたといいます。その鳥こそが、絶滅したと思われていたタンチョウだったのです。

 この大きくて美しい鳥を永遠に見続けたい。何とか生き延びてくれ。そう願いを込めて、当時の貴重な食糧でもあるトウモロコシを、畑一面に撒いたのです。しかしタンチョウは、とても警戒心の強い鳥で、撒いたトウモロコシにはなかなか近づくことはありませんでした。しかし山崎氏は、毎朝同じ時間にトウモロコシを撒き続け、タンチョウと山崎氏の間に信頼関係が生まれ、人工給餌が成功したのです。

 これが人工給餌のはじまりです。こうして厳しい冬にタンチョウが餓死することも減り、タンチョウの生息数も増えていきました。現在では三代目 山崎一彦氏が北海道から給餌人として委託され、給餌活動を行っています。

2021年度 第3回自然観察会開催のお知らせ

日 時:2021年6月27日(日)9:00~

参加費:入館料のみ

持ち物:長靴、カメラや双眼鏡など

※マスク着用は必須となります。また体調のすぐれない方のご参加はご遠慮ください。新型コロナウイルスの発生状況により、開催を見送る可能性もございます。ご了承ください。

​※小雨決行です。

2021年度 第2回自然観察会開催のお知らせ

日 時:2021年5月23日(日)9:00~

参加費:入館料のみ

持ち物:長靴、カメラや双眼鏡など

※マスク着用は必須となります。また体調のすぐれない方のご参加はご遠慮ください。新型コロナウイルスの発生状況により、開催を見送る可能性もございます。ご了承ください。

​※小雨決行です。

2021年度 第1回自然観察会開催のお知らせ

日 時:2021年4月25日(日)9:00~

参加費:入館料のみ

持ち物:長靴、カメラや双眼鏡など

※マスク着用は必須となります。また体調のすぐれない方のご参加はご遠慮ください。新型コロナウイルスの発生状況により、開催を見送る可能性もございます。ご了承ください。

​※小雨決行です。

おしらせ

 給餌場にて午後2時に行っていた活魚の給餌は、2016年12月に北海道で発生した高病原性鳥インフルエンザの影響により

​中止とさせて頂いており、再開の見込みはございません。
 尚、トウモロコシの給餌は行っております。原則、朝に1度のみですが状況に応じて午後にも行うこともあります。朝の

​給餌は通常8時半頃行っています。給餌時間は当日の状況によって変わる場合もございますのでご了承ください。

   Feeding was canceled at 2 pm because of recent bird flu in Japan.

   But we feed corns in the morning. (8:30am)

フォトギャラリー

fly
fly
unison1
unison1
deer.crane
deer.crane
fox1
fox1
fly2
fly2
sky2
sky2
bluesky2
bluesky2
lovedance1
lovedance1
dance2
dance2

世界には15種類のツルが生息しています。

​ここでは世界のツルの生態などを紹介しています。

お役立ちページのリンク集です。

各種書類のダウンロードができます。

タンチョウフォトコンテストの概要が掲載されています、

​新着情報